コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富井清 とみい きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富井清 とみい-きよし

1903-1974 昭和時代の政治家,医師,尺八奏者。
明治36年3月28日生まれ。京都府医師会会長をへて,府医師会,社会・共産両党の支持のもとに昭和42年から京都市長を1期つとめる。都山(とざん)流の尺八を藤井隆山にまなび,清香会を組織し,京都の三曲(箏(そう)・三味線・尺八)界の指導者でもあった。昭和49年5月19日死去。71歳。三重県出身。金沢医大(現金沢大)卒。号は舜山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富井清の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android