コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士の嶺の フジノネノ

デジタル大辞泉の解説

ふじのね‐の【富士の×嶺の】

[枕]富士山の燃えて火を噴く意から、「燃ゆ」にかかる。
「―燃えつつとはに思へども」〈古今・雑体〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

富士の嶺のの関連キーワード遠長し富士山上無し

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android