コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田保一郎 とみた やすいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田保一郎 とみた-やすいちろう

1868-1922 明治-大正時代の鉄道技術者。
慶応4年2月24日生まれ。鉄道院技師となり,若松建設事務所長,熱海建設事務所長として,岩越鉄道(現磐越西線),熱海線(現東海道本線)などの難工事を担当した。鉄道技監。大正11年12月18日死去。55歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富田保一郎の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android