伊予(読み)イヨ

大辞林 第三版の解説

いよ【伊予】

旧国名の一。愛媛県全域にあたる。予州。
愛媛県中部、伊予灘に臨む市。かつて内海航路の要港。ミカン・ビワ・野菜などを産し、花鰹はながつおの生産は有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いよ【伊予】

[1] (道後温泉にちなんだ「いゆ」(「い」は発語、「ゆ」は湯)から転じたといわれる)
[一] 南海道諸国の一つ。古くは伊余・伊与・夷与にもつくる。五国造の領域を合わせて成立。平安初期には十四郡から構成された(和名抄)。中世には、佐々木、宇都宮、細川、河野氏などが守護となり、天正一二年(一五八四)長宗我部氏が統一、翌年の豊臣秀吉の四国平定後、小早川氏の支配となった。江戸時代には、松山、宇和島、今治など八藩が分立。廃藩置県により、愛媛県となる。予州。
[二] 愛媛県松山平野の南西部の市。全国一の花がつおの生産地。昭和三〇年(一九五五)市制。
[2] 〘名〙
① 「いよかん(伊予柑)」の略。
② 「いよすだれ(伊予簾)①」の略。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊予の関連情報