富田見二(読み)とみた けんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田見二 とみた-けんじ

1906-1995 昭和時代の社会事業家。
明治39年11月23日生まれ。昭和7年明石市の更生保護会「明石錦江寮」の職員となる。13年兵役のため退職。23年補導員として復職し,41年理事長となる。妻まさゑと寮に住みこみ,非行少年,刑余者の更生指導,社会復帰につくした。53年妻とともに吉川英治文化賞。平成7年7月28日死去。88歳。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android