社会復帰(読み)しゃかいふっき

精選版 日本国語大辞典「社会復帰」の解説

しゃかい‐ふっき シャクヮイフクキ【社会復帰】

〘名〙
病気けがなどで、いったん正常な社会生活ができなくなっていた人が、全快して元の社会生活にもどること。
※闘(1965)〈幸田文〉八「いま奇蹟が起きて全快し、社会復帰したらこんなふうに働き、こんな人とこんな恋とか」
刑期を終えて出所した者を、健全な社会人として再び社会に受け入れるようにすること。再社会化。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「社会復帰」の解説

しゃかい‐ふっき〔シヤクワイフクキ〕【社会復帰】

[名](スル)病気や事故で正常な社会活動ができなくなっていた人が、回復して再び社会で活動するようになること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android