寒山落木(読み)かんざんらくぼく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「寒山落木」の解説

寒山落木
かんざんらくぼく

正岡子規句集。5巻。 1924~26年刊。子規の 1885~96年の句作1万 2700句を分類整理のうえ自選して稿本としたもの。いわゆる月並み俳句から,元禄俳諧の影響を受けて写生開眼に達し,やがて蕪村風のロマンチックな印象美にたどりつき,晩年の平淡ながら味わい深い病床吟にいたるまでが収められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「寒山落木」の解説

かんざんらくぼく【寒山落木】

句集。原本五巻。正岡子規作。明治一八年(一八八五)から同二九年までの作品一万二七〇〇句を分類して稿本としたもので、死後大正一三~一四年(一九二四‐二五)刊の「子規全集」に収録

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「寒山落木」の解説

かんざんらくぼく【寒山落木】

正岡子規の句集。5巻。子規の死後、大正13~15年(1924~26)刊。明治18~29年(1885~96)の作品1万2700句を分類して稿本としたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android