コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒山落木 かんざんらくぼく

2件 の用語解説(寒山落木の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寒山落木
かんざんらくぼく

正岡子規の句集。5巻。 1924~26年刊。子規の 1885~96年の句作1万 2700句を分類整理のうえ自選して稿本としたもの。いわゆる月並み俳句から,元禄俳諧の影響を受けて写生開眼に達し,やがて蕪村風のロマンチックな印象美にたどりつき,晩年の平淡ながら味わい深い病床吟にいたるまでが収められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんざんらくぼく【寒山落木】

正岡子規の句集。5巻。子規の死後、大正13~15年(1924~26)刊。明治18~29年(1885~96)の作品1万2700句を分類して稿本としたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寒山落木の関連キーワード田中王城中山稲青小田切獅子垣上鴬池子規子規忌竹の里歌獺祭忌竹村秋竹子規の里

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone