子規(読み)シキ

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐き【子規】

〘名〙 鳥「ほととぎす(杜鵑)」の異名
※了幻集(1392頃)悼道正居士四月八日遇害亡「瞿曇今日出胞胎。一曲汝歌帰去来。畢竟誰生誰又滅。子規啼血暮山哀」 〔大和本草(1709)〕 〔杜甫‐子規詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子規の関連情報