子規(読み)しき

精選版 日本国語大辞典「子規」の解説

し‐き【子規】

〘名〙 鳥「ほととぎす(杜鵑)」の異名。
※了幻集(1392頃)悼道正居士四月八日遇害亡「瞿曇今日出胞胎。一曲汝歌帰去来。畢竟誰生誰又滅。子規啼血暮山哀」 〔大和本草(1709)〕 〔杜甫‐子規詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android