コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛法 かんぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寛法 かんぽう

1344-1390 南北朝時代,康仁(やすひと)親王の王子。
康永3=興国5年生まれ。母は藤原公泰の娘。真言宗蓮華光院門跡をつぎ,僧正となった。明徳元=元中7年8月12日死去。47歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寛法の関連キーワード南北朝時代任助法親王尾形乾山熊王丸禅暁親王康永

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寛法の関連情報