コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん〔クワン〕【寛】

[形動][文][ナリ]扱いが緩やかなさま。「に過ぎる処置

かん【寛】[漢字項目]

常用漢字] [音]カン(クヮン)(呉)(漢) [訓]ひろい ゆるやか くつろぐ
スペースがゆったりと広い。「寛闊(かんかつ)褐寛博(かつかんぱく)
気持ちにゆとりがある。心が広い。「寛恕(かんじょ)寛仁寛大寛容
ゆるやか。おおまか。「寛刑寛厳
[名のり]お・おき・ちか・とお・とみ・とも・とら・のぶ・のり・ひと・ひろ・ひろし・むね・もと・ゆたか・よし

ゆた【寛】

[形動ナリ]ゆったりと心が落ち着いているさま。
「海原の路に乗りてや我(あ)が恋ひ居らむ大舟の―にあるらむ人の児(こ)故に」〈・二三六七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

くつろぎ【寛】

和歌山の日本酒。精米歩合60%で仕込む純米酒。濃醇やや辛口の味わい。蔵元の「初光酒造」は明治30年(1897)創業。所在地は紀の川市貴志川町丸栖。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かん【寛】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
他に対して態度がゆるやかである・こと(さま)。 「心を-にして、一方に僻すること勿る可し/文明論之概略 諭吉

ゆた【寛】

( 形動ナリ )
ゆったりとしているさま。のんびり。 「大舟の-にあるらむ人の児故に/万葉集 2367
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

寛の関連キーワードジロマジトンド・ジロトンド夕日が背中を押してくる何かいいことあるらしいサイクリング リンリンわが名はカウボーイ香川県高松市昭和町朝いちばん早いのはちびっこカウボーイ嵐和三郎(3代)パパのバイオリン嵐和三郎(2代)もえあがれ雪たち怪獣がやってくる嵐徳三郎(4代)嵐徳三郎(5代)嵐徳三郎(3代)寛空(かんくう)嵐橘三郎(2代)嵐徳三郎(2代)山男のヨーデル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寛の関連情報