コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康永 コウエイ

大辞林 第三版の解説

こうえい【康永】

北朝の年号(1342.4.27~1345.10.21)。暦応の後、貞和の前。光明こうみよう天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

こうえい【康永】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1342年から1345年まで、光明(こうみょう)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は暦応(りゃくおう)。次元号は貞和(じょうわ)。1342年(暦応5)4月27日改元。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。康永年間の南朝方の天皇は後村上(ごむらかみ)天皇。南朝は「興国(こうこく)」(1340~1346年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利尊氏(たかうじ)(初代)。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

康永の関連キーワード月庵〓(“こざとへん”に「光」)瑛永福門院右衛門督夢中問答集神皇正統記隆源(2)東坊城茂長道祐(2)花山院家定土岐頼遠出雲清孝成良親王狩野貞長今峰氏光真壁高幹鷹司基教象先文岑足利尊氏久我具通三条実忠在庵円有

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

康永の関連情報