寝覚月(読み)ねざめづき

精選版 日本国語大辞典「寝覚月」の解説

ねざめ‐づき【寝覚月】

〘名〙 (夜が長いので寝覚めがちな月の意) 陰暦九月の異称。
※蔵玉集(室町)「いく床かおなじ枕のねさめ月秋にはたえぬ長きよすがら〈藤原家隆〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android