コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原家隆 ふじわらの いえたか

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐いえたか〔ふぢはら‐いへたか〕【藤原家隆】

[1158~1237]平安末期・鎌倉前期の歌人。名は「かりゅう」とも。寂蓮の養子。藤原俊成に学び、「新古今和歌集撰者の一人となり、藤原定家と並び称された。家集に「壬二(みに)集」がある。

ふじわら‐の‐かりゅう〔ふぢはら‐〕【藤原家隆】

ふじわらのいえたか

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

藤原家隆【ふじわらのいえたか】

平安末〜鎌倉初期の歌人。正二位権中納言光隆の子。従二位宮内卿。藤原俊成に学び寂蓮の婿となった。《新古今和歌集》の撰者の一人。藤原定家らとともに,新古今時代の代表歌人。
→関連項目宇太野熊野懐紙六百番歌合

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原家隆 ふじわらの-いえたか

1158-1237 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
保元(ほうげん)3年生まれ。藤原光隆の子。宮内卿となり,従二位にいたる。和歌は藤原俊成に師事。後鳥羽(ごとば)上皇の信任あつく,「新古今和歌集」撰者にくわえられて,藤原定家と双璧(そうへき)と称された。嘉禎(かてい)3年4月9日死去。80歳。初名は雅隆。通称は壬生二品。家集に「壬二(みに)集」。
【格言など】風そよぐ楢(なら)の小川の夕暮は禊(みそぎ)ぞ夏のしるしなりける(「小倉百人一首」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原家隆

没年:嘉禎3.4.9(1237.5.5)
生年:保元3(1158)
平安・鎌倉時代の歌人。権中納言藤原光隆と太皇太后宮亮藤原実兼の娘の子。『新古今和歌集』選者のひとりで,新古今時代の代表的な歌人。藤原俊成の指導のもとに,藤原定家らと『二見浦百首』(1186年,西行勧進)などを詠み,また『六百番歌合』(1193年ごろ)に参加するなど,新風歌人のひとりとして活躍。『正治二年初度百首』(1200)の作者に加えられて後鳥羽院歌壇の有力歌人となり,建仁1(1201)年,新たに設置された和歌所の寄人となり,次いで『新古今和歌集』(1205)の選者のひとりに選ばれた。新古今以後も,定家と共に,院歌壇および順徳天皇歌壇で指導的役割を果たした。承久の乱(1221)以降も,隠岐の後鳥羽上皇と誠実な交流を続けたという。家集に,藤原基家編の『壬二集』(『玉吟集』とも)があり,自歌合に『家隆卿百番自歌合』が現存。後世,多作家として知られる。彼自身のまとまった歌論書はないが,『土御門院御百首』付載の消息文や『京極中納言相語』などにみられる発言に,その歌観を窺わせる。歌風においては,和歌本来の格調を旨とし,素直な抒情性の流露する,温雅で含蓄のある表現を志向していたといいうる。<参考文献>谷山茂『新古今時代の歌合と歌壇』(『谷山茂著作集』4巻)

(渡部泰明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのいえたか【藤原家隆】

1158‐1237(保元3‐嘉禎3)
平安末~鎌倉初期の歌人。藤原北家良門流。正二位権中納言光隆の次男で,従二位宮内卿に昇る。20歳ころ藤原俊成の門下となり,またこのころ寂蓮の婿となったことが《古今著聞集》に見える。天性の詩人的素質に恵まれ,1186年(文治2)西行の勧めで定家らとともに〈二見浦百首〉を詠んで以来,御子左家(みこひだりけ)少壮歌人として頭角を現し,1193年(建久4)《六百番歌合》などでの実作者としての充実した活動を経て,藤原定家と並び称されるにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふじわらのいえたか【藤原家隆】

〔名は「かりゅう」とも〕 (1158~1237) 鎌倉初期の歌人。寂蓮の養子。従二位。壬生二品みぶにほんと呼ばれる。和歌を俊成に学び、抒情清艶な歌風で、定家とともに後鳥羽院歌壇の主要歌人。和歌所寄人よりうどで、「新古今和歌集」撰者の一人。「千載和歌集」以下の勅撰集に二八〇首余が入集。家集「壬二みに集」

ふじわらのかりゅう【藤原家隆】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原家隆
ふじわらのいえたか

[生]保元3(1158)
[没]嘉禎3(1237).4.9. 大坂
鎌倉時代前期の公卿,歌人。「かりゅう」とも読む。幼名,雅隆。法名,仏性。権中納言光隆の子。宮内卿を経て,非参議従二位。和歌を藤原俊成に学んだ。寂蓮の婿だったという伝えもある。藤原定家に比して晩成型の歌人だが,『六百番歌合』や『正治百首』 (1200) などに参加し,やがて定家と並び称されるようになった。『新古今和歌集』撰者の一人で,43首入集。 79歳のとき出家。歌風は平明で,幽寂な傾向がある。『新勅撰和歌集』には最多の 35首入集。家集『壬二 (みに) 集』は六家集の一つ。息子の隆祐,娘の承明門院 (土御門院) 小宰相も歌人。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原家隆
ふじわらのいえたか
(1158―1237)

鎌倉前期の歌人。猫間(ねこま)中納言(ちゅうなごん)とよばれた権(ごん)中納言光隆の子。母は太皇太后宮亮(たいこうたいごうぐうのすけ)藤原実兼(さねかね)の女(むすめ)。侍従(じじゅう)、上総介(かずさのすけ)、宮内卿(くないきょう)などを歴任し、従(じゅ)二位に至り、壬生二品(みぶにほん)、坊城二品などとよばれた。藤原俊成(しゅんぜい)に歌を学び、俊成の子定家(ていか)とは生涯を通じて歌友であり、双璧(そうへき)とされる好敵手でもあった。歌風は定家に比して概して平明である。後鳥羽(ごとば)院の信任が厚く、1201年(建仁1)の和歌所設置に際しては定家らとともに寄人(よりゅうど)とされ、さらに『新古今和歌集』撰者(せんじゃ)5人の1人に加えられた。順徳(じゅんとく)天皇の内裏(だいり)では、定家とともに宮廷和歌の指導にあたった。また、娘承明門院(土御門(つちみかど)院)小宰相(こざいしょう)の関係からか、土御門院にも親しい感情を寄せていた。このような関係から1221年(承久3)の承久(じょうきゅう)の乱によって後鳥羽、土御門、順徳の三院が遠所に遷(せん)された衝撃は大きかったが、乱後もむしろこの悲しみを一つの原動力として盛んに作歌活動を続け、隠岐(おき)(島根県)の後鳥羽院とは音信を絶やさなかった。しかし官途のうえでは不遇で、最晩年にようやく従二位に至った。1236年(嘉禎2)病により出家、法名を仏性と号し、翌年4月9日、難波(なにわ)(大阪)の天王寺で日想観を行いながら没した。年80。家集『壬二(みに)集』(玉吟集)、自歌合(じかあわせ)『家隆卿(きょう)百番自歌合』などがあり、『千載(せんざい)和歌集』以下代々の勅撰集に入集(にっしゅう)しているが、歌論としてまとまったものはない。子の侍従隆祐(たかすけ)、承明門院小宰相も歌人として知られる。[久保田淳]
 風そよぐならの小川の夕暮はみそぎぞ夏のしるしなりける
『久保田淳編著『藤原家隆集とその研究』(1968・三弥井書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の藤原家隆の言及

【壬二集】より

藤原家隆の他撰歌集。〈六家集〉の一つ。…

※「藤原家隆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原家隆の関連キーワード土御門院小宰相藤原隆祐百人一首橘成季私家集鴨長明夕陽丘仏性わび姓書

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android