コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がら ガラ

デジタル大辞泉の解説

がら

《「から()」の音変化》
鶏などの肉を取り去ったあとの骨。煮て、だしを取る。
品質の悪いコークス。また、石炭の燃え殻中のコークス状のもの。

がら[副]

[副]
すっかり。まったく。
「駄賃はみんな、うらが呑んでしまって、―おま(=馬)に食わせべいもなあなし」〈滑・膝栗毛・二〉
ひょいと。つい。
「―誘はれたあからのこんだあよ」〈洒・軽井茶話〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がら

〔「から(殻)」の濁音化した語〕
鶏の肉を取ったあとの骨。だしを取るのに用いる。
品質の劣るコークス。がら炭たん

がら

〔がらがらと崩壊する意〕
株式の暴落。がら落ち。

がら

( 副 )
すっかり。全く。 「薯蕷よもの形が-なくなつて、皆みんなはあ鰻になつてしまつたあ/滑稽本・浮世風呂
つい。ひょいと。 「この事を-打知うつちつて/滑稽本・浮世風呂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がらの関連情報