コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がら ガラ

デジタル大辞泉の解説

がら

《「から()」の音変化》
鶏などの肉を取り去ったあとの骨。煮て、だしを取る。
品質の悪いコークス。また、石炭の燃え殻中のコークス状のもの。

がら[副]

[副]
すっかり。まったく。
「駄賃はみんな、うらが呑んでしまって、―おま(=馬)に食わせべいもなあなし」〈滑・膝栗毛・二〉
ひょいと。つい。
「―誘はれたあからのこんだあよ」〈洒・軽井茶話〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がら

〔「から(殻)」の濁音化した語〕
鶏の肉を取ったあとの骨。だしを取るのに用いる。
品質の劣るコークス。がら炭たん

がら

〔がらがらと崩壊する意〕
株式の暴落。がら落ち。

がら

( 副 )
すっかり。全く。 「薯蕷よもの形が-なくなつて、皆みんなはあ鰻になつてしまつたあ/滑稽本・浮世風呂
つい。ひょいと。 「この事を-打知うつちつて/滑稽本・浮世風呂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

がらの関連キーワード鶏がら出し/鶏がら出汁狂歌堂島人相良知安がら落ち相良頼兄下知切れ己が衣衣浮世風呂村上四郎牡蠣屋根小島四郎相良頼房狼牙棒そっぷ東雲の宇野朗燃え滓滑稽本堺真柄窓巴

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がらの関連情報