寧ろ百夫の長と為るも一書生と作るに勝れり(読み)ムシロヒャクフノチョウトナルモイチショセイトナルニマサレリ

デジタル大辞泉の解説

むし百夫ひゃくふちょうるも一書生いちしょせいるにまされり

楊烱従軍行」から》一生学問に費やすより、たとえ百人の長でも軍人になるほうがよい。逆説的に用いる言葉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例