従軍行(読み)じゅうぐんこう

精選版 日本国語大辞典「従軍行」の解説

じゅうぐんこう ‥カウ【従軍行】

〘名〙 中国の古典詩の楽府題(がふだい)の一つ。相和歌辞、平調曲で従軍の苦しみをうたったもの。の左延年に始まるとされ、後に、楽府の一形式になった。苦哉従軍行。
※萩之家遺稿(1904)〈落合直文〉従軍行「従軍行、にのりはやくわがくれば折れたる太刀に霜おきにけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報