寺沢 国子(読み)テラサワ クニコ

20世紀日本人名事典の解説

寺沢 国子
テラサワ クニコ

大正〜平成期の新聞経営者 ユタ日報(米国日系新聞)社長。



生年
明治29(1896)年

没年
平成3(1991)年8月2日

出生地
長野県飯田市

本名
寺沢 国

学歴〔年〕
共立女子職業専門学校卒

主な受賞名〔年〕
エイボン女性大賞〔昭和62年〕,松本市名誉市民

経歴
郷里の飯田高等女学校で2年間教えた後、大正11年米国ユタ州日本人会長の寺沢畔夫に嫁ぐ。夫が発刊した「ユタ日報」(日本語新聞)を夫が亡くなった昭和14年から平成3年まで発行し続けた。この間、大平洋戦争中も発行を許され、収容所にいた日系人の貴重な情報源になったことで知られる。また上坂冬子の小説「おばあちゃんのユタ日報」のモデルでもある。4年「復刻『ユタ日報』(1940〜1950)」が復刻出版された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android