コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上坂冬子 カミサカフユコ

デジタル大辞泉の解説

かみさか‐ふゆこ【上坂冬子】

[1930~2009]ノンフィクション作家。東京の生まれ。本名、丹羽ヨシコ。昭和34年(1959)勤務先での体験を「職場の群像」にまとめ発表。はじめ評論、のちに戦後史・昭和史に関するノンフィクション作品を多く書いた。著作「硫黄島いまだ玉砕せず」「生体解剖―九州大学医学部事件」「慶州ナザレ園―忘れられた日本人妻たち」など。平成5年(1993)菊池寛賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

上坂冬子【かみさかふゆこ】

作家,エッセイスト。本名丹羽ヨシコ。東京都生まれ,愛知県豊田市で育つ。1959年《職場の群像》で鶴見俊輔に見いだされ,《思想の科学》新人賞を受賞,執筆活動に入る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上坂冬子 かみさか-ふゆこ

1930-2009 昭和後期-平成時代のノンフィクション作家。
昭和5年6月10日生まれ。トヨタ自工に勤務し,昭和34年職場体験記「職場の群像」(第1回思想の科学新人賞)を発表。54年ごろから戦後史のノンフィクションにとりくみ,戦争に傷つき,うもれた女性の生き方を追求。平成5年菊池寛賞。平成21年4月14日死去。78歳。東京出身。名古屋文化学園卒。本名は丹羽ヨシコ。著作に「生体解剖―九州大学医学部事件」「巣鴨プリズン13号鉄扉」「奄美の原爆乙女」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上坂冬子の関連キーワード慶州ナザレ園寺沢 国子寺沢国子雑誌

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android