コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対処力 たいしょりょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対処力
たいしょりょく

日本が第2次世界大戦に敗れてのち,再軍備に伴って生れた日本独特の戦略用語。直接侵略に対し,物理的に有効な抵抗,あるいは排除をなしうる能力をいう。抑止力が,侵略の発生以前に相手国の侵略意図を抑止するのに対し,侵略の発生後,対処しうる能力をいう。対処力をもっていれば,抑止力と同じ心理的威圧を相手に与えるが,相手の侵略を阻止しうる能力がなければ,信頼性のある抑止力とはならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対処力の関連情報