対生(読み)たいせい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対生
たいせい

二枚の葉が一つの節につく場合、これを対生あるいは対生葉序という。茎の軸を中心にして、節ごとに直交する方向に葉が二葉ずつつくのが普通で、これを十字対生または十字対生葉序という。[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐せい【対生】

〘名〙 植物の葉序で、茎の一節に葉が二枚向かい合ってつくこと。シソ、コスモス、アジサイ、ハコベなどにみられる。対生葉序。二輪生。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android