対生(読み)たいせい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対生
たいせい

二枚の葉が一つの節につく場合、これを対生あるいは対生葉序という。茎の軸を中心にして、節ごとに直交する方向に葉が二葉ずつつくのが普通で、これを十字対生または十字対生葉序という。[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐せい【対生】

〘名〙 植物の葉序で、茎の一節に葉が二枚向かい合ってつくこと。シソ、コスモス、アジサイ、ハコベなどにみられる。対生葉序。二輪生。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android