コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対生 タイセイ

デジタル大辞泉の解説

たい‐せい【対生】

[名](スル)葉が茎の一つの節に2枚向かい合ってつくこと。対生葉序。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいせい【対生】

( 名 ) スル
植物の葉が一つの節に一対生ずること。二輪生。 → 互生ごせい輪生葉序

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対生
たいせい

葉序」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対生
たいせい

二枚の葉が一つの節につく場合、これを対生あるいは対生葉序という。茎の軸を中心にして、節ごとに直交する方向に葉が二葉ずつつくのが普通で、これを十字対生または十字対生葉序という。[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

対生の関連キーワードせんじゅがんぴ稲森草・稲盛草イヌザンショウメタセコイア兎菊・兔菊瑠璃虎の尾瑠璃繁縷深山曙草びらんじ岐散花序山たづのキガンピ武佐竜胆千鳥の木田五加木甲斐神頭蟻の塔草雛の臼壺熊野水木鈴虫草

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android