寿々喜多 呂九平(読み)ススキタ ロクヘイ

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期のシナリオライター



生年
明治32(1899)年

没年
昭和35(1960)年12月18日

出生地
鹿児島県

本名
神脇 満(カミワキ ミツル)

経歴
大正11年マキノ省三の知己を得て、マキノ映画台本部に入る。撮影所近くの下宿に同居していた役者たちの中に後の阪東妻三郎がおり、自らのシナリオ作品に主演させるようマキノに推薦し成功をおさめる。阪妻・時代劇の一時代を築いたのち、昭和5年帝国キネマに移り監督に転じる。ペンネームは大阪夏ので活躍した“薄田隼人正”に由来する。主な作品に「紫頭巾」「影法師」「雄呂血」「鏡山競艶録」「花嫁剣法」「快傑鷹」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android