コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下宿(読み)ゲシュク

デジタル大辞泉の解説

げ‐しゅく【下宿】

[名](スル)
ある期間、あらかじめ契約を結んで部屋を借り、部屋代・食費などを払って居住すること。また、その家。「大学の近くに下宿する」
宿泊費の安い下等な旅館安宿。したやど。

した‐やど【下宿】

大名行列などの供の者が宿泊する所。また、下級宿屋
江戸時代、奉行所代官所などの近くにあった、訴訟人の休息所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げしゅく【下宿】

( 名 ) スル
ある期間部屋代や食費などを払って他人の家の部屋を借りて生活すること。また、その家。 「東京で-する」 「 -人」
下等な旅館。したやど。

したやど【下宿】

大名行列の供の者などが逗留する本陣以外の宿。
江戸時代、訴訟人が奉行所・代官所へ出頭するときの休息所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下宿
げしゅく

1か月以上の期間を単位とする宿泊料を定め、人を宿泊させる有料の宿泊施設。旅館業法(昭和23年法律第138号)では、旅館業を(1)ホテル営業、(2)旅館営業、(3)簡易宿所営業、(4)下宿営業の4種に規定している。下宿とはあくまで人を宿泊させる営業であり、施設の管理は営業者によって行われることが必要で、室内の管理を間借り人が行うアパートや間貸しなどの賃室業とは異なる。また、学生下宿にみられるように、部屋が生活の本拠であると同時に、部屋の管理を学生自身で行う場合も下宿とよばれることがあるが、これは旅館業法における下宿営業の許可対象にはなっていない。
 2013年度(平成25)末において、旅館業の営業許可を受けた施設7万9519のうち、下宿営業の施設数は787である。全国でもっとも多いのは北海道で159施設、次いで福島県の130施設、京都府の80施設であり、全国的には年々減少する傾向にある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

下宿の関連情報