コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪東妻三郎 ばんどうつまさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阪東妻三郎
ばんどうつまさぶろう

[生]1901.11.14. 東京
[没]1953.7.7. 京都
映画俳優。本名田村伝吉。 11世片岡仁左衛門内弟子となり,舞台に出演したが,1922年映画俳優に転じ,『鮮血の手型』 (1923) で人気スターとなった。 27年プロダクションを創立,37年日活に入社,以後大映松竹と転じ,阪妻愛称でファンに親しまれた。主演作品『雄呂血』 (25) ,『無法松の一生』 (43) ,『王将』 (48) ,『破れ太鼓』 (49) ,『あばれ獅子』 (53) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ばんどう‐つまさぶろう〔‐つまサブラウ〕【阪東妻三郎】

[1901~1953]映画俳優。東京の生まれ。近代的な性格の英雄像を演じ、時代劇革新の一翼を担った。愛称、阪妻。代表作雄呂血」「無法松の一生」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

阪東妻三郎【ばんどうつまさぶろう】

映画俳優。本名田村伝吉。東京生れ。歌舞伎界から1922年映画界入り。寿々喜多呂九平(すずきたろくへい)脚本の時代劇《影法師》《雄呂血》(ともに1925年)等でニヒルな反抗的ヒーローを演じ,〈阪妻〉の愛称で人気を獲得。
→関連項目時代劇映画牧野省三

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪東妻三郎 ばんどう-つまさぶろう

1901-1953 大正-昭和時代の映画俳優。
明治34年12月14日生まれ。田村高広田村正和の父。11代片岡仁左衛門の弟子。大正12年マキノ映画にはいり,時代劇「雄呂血(おろち)」などに出演。剣戟王(けんげきおう)阪妻の異名をとり,チャンバラ時代劇の大スターとなる。また「無法松の一生」「王将」などの名演技で知られた。昭和28年7月7日死去。51歳。東京出身。本名は田村伝吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

阪東妻三郎

1901〜1953(明治34年〜昭和28年)【映画俳優】「バンツマ」と呼ばれた、チャンバラ映画の大スター。 戦前戦後の映画界に君臨。大正・昭和期の映画俳優。本名田村伝吉。東京都出身。歌舞伎役者から1923年(大正11)映画監督マキノ雅裕に見い出されて映画俳優に転じ、「鮮血の手形」「雄呂血」など時代劇映画でのリアルな立ち回りで人気を集めた。映画が無声からトーキーに変わると、その適応に苦労し一時低迷するが、1937年「恋山彦」で復活。「バンツマ」の愛称で、剣戟王として映画界に君臨した。「無法松の一生」「王将」などの現代劇にも活躍。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばんどうつまさぶろう【阪東妻三郎】

1901‐53(明治34‐昭和28)
映画俳優。〈阪妻〉の呼名で親しまれ,豪快な立回りを見せたチャンバラ時代劇の大スターであるのみならず,スクリーンでも実生活でもその人間的な大きさで知られ,なかば伝説化されている名優。本名田村伝吉。東京生れ。11世片岡仁左衛門の門下に入り,1923年,マキノ映画に入社。大部屋俳優から主役をつかみ,ニヒリズムと乱闘を魅力とした寿々喜多呂九平(すすきたろくへい)脚本の一連の時代劇《鮮血の手型》(1923),《討たるゝ者》《逆流》(ともに1924),《江戸怪賊伝・影法師》《墓石が鼾する頃》《異人娘と武士》《雄呂血》(ともに1925)等々で人気を博して,剣戟王・阪妻の異名を取り,〈目玉の松ちゃん〉こと尾上松之助の1人斬るごとに見得を切る〈旧劇〉の古めかしさを脱して,ダイナミックな剣戟を生かした新しいチャンバラ映画の全盛時代をつくった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ばんどうつまさぶろう【阪東妻三郎】

1901~1953) 映画俳優。東京生まれ。チャンバラ無声映画全盛期に「雄呂血」などで、反逆的時代劇ヒーローを演じた。トーキー以後も「無法松の一生」「王将」などで、無垢むくの魂をもった野人を表現して好評を得た。阪妻ばんつま

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阪東妻三郎
ばんどうつまさぶろう
(1901―1953)

映画俳優。本名田村伝吉。明治34年12月14日東京に生まれる。日本橋高等小学校卒業。11世片岡仁左衛門の弟子となったが、小芝居に転じて阪東妻三郎を名のる。1923年(大正12)草創期のマキノ映画に入社。何本かに助演ののち、親友寿々喜多呂九平(すずきたろくへい)の脚本による『鮮血の手型』(1923)に主演して人気を得、『討たるゝ者』(1924)、『影法師』(1925)など、苦悩に満ちた人生を歩む反逆の剣士といったニヒルな役柄とリアルな殺陣(たて)で、またたくまに人気スターとなり、1925年には独立プロの盟主となった。クライマックスの激しい立回りがいまも語りぐさの『雄呂血(おろち)』(1925)によって剣戟(けんげき)王阪妻(ばんつま)の名を確立。阪妻プロは曲折を経て1936年(昭和11)まで続くが、作品的には恵まれず、一俳優として日活に入社。トーキーに不向きな発声を徐々に克服して『江戸最後の日』(1941)の勝海舟(かつかいしゅう)で演技開眼、1943年の『無法松の一生』で、これまでの英雄的役柄から一転して無知な庶民の純粋な人間像に新境地を開いた。第二次世界大戦後も、『素浪人罷(まか)り通る』(1947)、『おぼろ駕籠(かご)』(1951)などの時代劇を主に風格をみせたが、『王将』(1948)の阪田三吉、現代コメディ『破れ太鼓』(1949)の頑固親爺(おやじ)に、他の追随を許さぬ独自の人間像をつくりあげた。昭和28年7月7日京都で没。俳優の田村高廣(たかひろ)(1928―2006)、田村正和(まさかず)(1943― )、田村亮(りょう)(1946― )は実子である。[吉田智恵男]
『丸山敞平著『剣戟王阪東妻三郎』(1998・ワイズ出版) ▽秋篠健太郎著『阪東妻三郎』(1977・毎日新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の阪東妻三郎の言及

【時代劇映画】より

…寿々喜多呂九平(すすきだろくへい)脚本,金森万象監督,市川幡谷主演《浮世絵師・紫頭巾》がそれで,画面展開のスピード感,物語の怪奇ロマン的魅力,虚無的な人物像のなまなましさ,そして真剣を用いた立回りの迫真性と,あらゆる点で新鮮さに満ちていた。この作品の大ヒットに続いて,マキノ映画では,沼田紅緑監督《鮮血の手型》《討たるゝ者》や二川文太郎監督《逆流》《江戸怪盗伝・影法師》等々,寿々喜多呂九平脚本の時代劇が連作され,これらに主演した阪東妻三郎は一躍スターになって,〈剣戟(けんげき)王〉とまでいわれた。そして,阪東妻三郎は独立し,寿々喜多・二川コンビと組んで,浪人の抵抗と反逆の心をすさまじい乱闘シーンで爆発させた《雄呂血(おろち)》(1925)をつくった。…

【素浪人罷通る】より

…1947年製作の伊藤大輔監督の映画。GHQ(連合軍総司令部)の指示で刀をふりまわす立回り(チャンバラ)を禁じられた占領下でつくられた時代劇の傑作で,天一坊と伊賀亮の物語を伊藤大輔ならではのダイナミックな映像(例えば押し寄せる御用提灯の渦を屋根の上から見下ろすようにとらえたカメラ)と格調あるタッチ(呼吸の長い移動撮影,〈反逆児〉伊賀亮を演ずる阪東妻三郎の堂々たる貫禄)で描いて当時〈出色の娯楽作品〉と評された。阪妻プロ(阪東妻三郎プロダクション)に迎えられて妻三郎の第1回トーキーとして撮った《新納鶴千代》(1935)以後ずっと低迷していた伊藤大輔がようやく創作意欲を回復した作品で,このあと続けて阪妻主演で名作《王将》(1948)を撮り,戦後の新しいキャリアを築いていくことになる。…

【丹下左膳】より

…大河内伝次郎はさらに54年まで,つまり四半世紀にわたって丹下左膳を演じ続けた。ほかに丹下左膳を演じた俳優としては,第2次世界大戦以前に月形竜之介,戦後に阪東妻三郎,水島道太郎,大友柳太朗,丹波哲郎,中村錦之助(のち萬屋錦之介)がいる。 このように数多くの丹下左膳映画がつくられてきたのは,片目片腕の虚無的な主人公の怪人ぶりが波乱に富んだストーリーのなかで魅力的に発揮されることに時代劇ならではのおもしろさがあるためであるが,それにからまって,妖婦櫛巻お藤や少年チョビ安など周辺人物の多彩さ,またほとんどの場合に主役が丹下左膳とともに大岡越前守を一人二役で演じたこと(一人三役・四役の場合もあった),さらには丹下左膳が女ものの長襦袢を着ていることに見られる衣装の華やかさ等々,あらゆる要素が映画的な魅惑を放っていることも見落とすことはできない。…

【忠臣蔵映画】より

…この間,天活(天然色活動写真),国活(国際活映),帝国キネマ,松竹など,次々誕生する新会社も,こぞって,忠臣蔵映画をつくった。 初のトーキー〈忠臣蔵〉は,32年の松竹作品《忠臣蔵》で,衣笠貞之助監督,阪東妻三郎の大石内蔵助,林長二郎(のち長谷川一夫)の浅野内匠頭などのオールスター・キャストである。34年には日活が,伊藤大輔監督,大河内伝次郎の大石内蔵助,片岡千恵蔵の浅野内匠頭で,トーキー《忠臣蔵》をつくった。…

※「阪東妻三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阪東妻三郎の関連キーワード狐の呉れた赤ん坊寿々喜多 呂九平月形 龍之介素浪人罷通る山本 日出子阪東 妻三郎12月13日大江戸五人男河津 清三郎江戸城心中牢獄の花嫁神変麝香猫富島松五郎大映[株]中村 吉松伊藤 大輔燃える富士東海水滸伝新納鶴千代高木 新平

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android