コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

導標 どうひょう

百科事典マイペディアの解説

導標【どうひょう】

航路標識の一種。通航困難な水道や狭い湾口などの航路を示す,昼間に有効な立標または陸標で,多くは航路延長線上の前後2本またはそれ以上の標識からなる。同様のもので点灯装置を備えた夜標は導灯と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の導標の言及

【航路標識】より

灯台(2)昼標 点灯装置がなく,形象,彩色により昼間の目標となる標識。暗礁や露岩上に設置される立標のほか,浮標,導標などがあり,それぞれの目的は灯標,灯浮標,導灯などの夜標とほぼ同じである。(3)霧信号所 霧,雪その他視界不良のとき音響で信号所の位置を知らせ,付近を航行する船に警告するもの。…

※「導標」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

導標の関連キーワード避難施設安全標識避難設備

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android