導顔(読み)シルベガオ

デジタル大辞泉の解説

しるべ‐がお〔‐がほ〕【導顔】

案内するような顔つき。
「あかなくにまだ夜をこめて帰るさの―なる月も恨めし」〈続後拾遺・恋三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しるべがお【導顔】

案内するような顔つき。 「浜千鳥いと多くさき立ちて行くも、-なる心ちして/十六夜」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しるべ‐がお ‥がほ【導顔】

〘名〙 (形動) いかにも案内するような顔つき、様子。
※十六夜日記(1279‐82頃)「浜千鳥いと多くさき立ちて行くも、しるべがほなるここちして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報