コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜千鳥 ハマチドリ

6件 の用語解説(浜千鳥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はま‐ちどり【浜千鳥】

浜辺にいる千鳥。 冬》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

はまちどり【浜千鳥】

岩手の日本酒。酒名は、陸中海岸に舞う千鳥の美しい風情にあやかり命名。純米大吟醸酒大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒がある。全体的に味わいは辛口。平成2、10、13、17、18、20、24~26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、吟ぎんが、美山錦など。仕込み水は仙磐山の伏流水。蔵元の「浜千鳥」は大正12年(1923)創業。所在地は釜石市小川町。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

浜千鳥

岩手県、株式会社浜千鳥の製造する日本酒。

浜千鳥

石川県金沢市、石川屋本舗が製造・販売する銘菓。豆粉を使った洲浜の中に粒餡を入れくるみを添えたもの。

浜千鳥

日本の唱歌の題名。作詞:鹿島鳴秋、作曲:弘田龍太郎。発表年は1920年。2007年、文化庁日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

はまちどり【浜千鳥】

浜辺にいる千鳥。 [季] 冬。
和歌では浜千鳥が浜辺につけた足跡の意から、「あと」「行方ゆくえ」などの語を導く。 「忘られむ時しのべとぞ-行方も知らぬ跡をとどむる/古今 雑下」 「 -跡やたづぬるしるべなるらむ/後撰 恋四

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜千鳥の関連情報