コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小トリアノン宮殿 ショウトリアノンキュウデン

デジタル大辞泉の解説

しょうトリアノン‐きゅうでん〔セウ‐〕【小トリアノン宮殿】

Petit Trianon》フランス北部、イブリーヌ県の都市ベルサイユにある、ベルサイユ宮殿の離宮の一。18世紀にルイ15世が寵姫ポンパドール夫人のために建てたが、完成前に夫人は死去。後にルイ16世が王妃マリー=アントワネットに与え、イギリス式の庭園にはアモーとよばれる農村の小集落を模したものが造られた。プチトリアノン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

小トリアノン宮殿の関連キーワードPetit Trianonルプチトリアノンイブリーヌ県

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小トリアノン宮殿の関連情報