コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブリーヌ県 イブリーヌYvelines

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブリーヌ〔県〕
イブリーヌ
Yvelines

フランス北部,イルドフランス地域 (レジオン) の県。パリ西方にある。 1964年の首都圏再編成により新設された。県都ベルサイユ。県最南部は穀物栽培の大農業地帯ボース台地。その北側がイブリーヌの森林地方で,ランブイエの森 (面積約1万 3000ha) をはじめ多くの森におおわれる。東方に流れるイベット川の谷は,パリに近い保養地,別荘地として有名。県北西部は黄土におおわれた肥沃な台地と,それを刻むボクルール川などの谷間に分れる。台地上はテンサイ,穀物類を栽培し,谷間は牧場と野菜畑の地帯である。セーヌ川岸ではポアシ,ムーランなどの自動車,マントラジョリの機械工業などがあげられる。パリの衛星都市化の傾向が強く,北東部のパリに近い地域は特に人口密度が高いが,高級郊外住宅地として緑地も多く残されている。面積 2284km2。人口 130万 7150 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イブリーヌ県の関連キーワードサン・ジェルマン・アン・レーサン・ジェルマン・アン・レーサン・シール・レコールサン・シール・レコールサンジェルマンアンレグエン・ヴァン・ロクサン・シル・レコールサンシールレコール小トリアノン宮殿大トリアノン宮殿ランブイエ城ブルトイユ城サボア邸タチ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android