小俣(読み)おまた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小俣(栃木県)
おまた

栃木県足利市(あしかがし)西部の一地区で、群馬県桐生(きりゅう)市に接する。JR両毛線が通じ、古くから桐生機業圏の紋織り中心の地域として知られた。従来の輸出織物の絹、人絹織物から名古屋帯地の生産に変わり、最近では、レース製造業が盛んで、ともに全国首位の産地となった。古刹(こさつ)鶏足(けいそく)寺、ニジマス釣りなどが楽しめる小俣フィッシングセンターなどがある。[村上雅康]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小俣の関連情報