足利(読み)アシカガ

デジタル大辞泉「足利」の解説

あしかが【足利】[地名]

栃木県南西部の市。もと宿場町。足利氏発祥の地で、史跡が多い。中世末以来、絹織物の主要産地。現在は繊維工業のほか、機械化学工業も盛ん。人口15.4万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「足利」の解説

あしかが【足利】

姓氏の一つ。

あしかが【足利】

[一] 栃木県南西端の地名足尾山地の南裾、渡良瀬(わたらせ)川沿岸にあり、古代には毛野(けの)国の中心地。足利氏発祥の地でもあり、中世から政治・文化の一中心地として発展。早くから絹織物は知られ、銘仙(めいせん)は特に有名であった。足利学校跡、鑁阿(ばんな)寺、織姫神社などがある。大正一〇年(一九二一)市制。
[二] 栃木県の南西部にあった郡。明治二九年(一八九六)梁田(やなだ)郡を合併。大正一〇年(一九二一)以降、足利市・佐野市、群馬県桐生市に順次編入され、昭和三七年(一九六二消滅

あし‐きき【足利】

〘名〙 (「あしぎき」とも)
① 足が十分に使えること、足をしっかりと立てること。また、その場所。足場。足立ち。
※平家(13C前)七「馬の足ききよい所で候へば、いそぎわたさせ給へ」
② 足の働きが優れていること。また、そのもの。
※日葡辞書(1603‐04)「Axiqiqi(アシキキ)〈訳〉足の強い人や馬」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「足利」の解説

足利
あしかが

栃木県南西部,渡良瀬 (わたらせ) 川沿岸にある都市で,足利氏発祥の地
古くは東山道の駅が置かれ,平安末期に八条院の領する足利庄となった。足利氏が代々地頭職を世襲。鎌倉時代には足利学校が設けられた。江戸時代より絹織物が盛んになり,明治時代以後,関東北西山麓地方の機業地の中心として,桐生市と並び称せられる。1921年市制施行

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android