コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小利 ショウリ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐り〔セウ‐〕【小利】

わずかな利益。「小利を捨てて大利に付くべし」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうり【小利】

わずかな利益。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小利の言及

【利子】より

…令の規定では稲粟出挙は利息は私出挙が1倍,公出挙は半倍を超えることは許されず,期間は1年とし,1年目の利息がすでについている元本に翌年以降利息をつけることや複利計算は禁止されていた。公出挙は令の規定どおり5割の利息で貸し出されていたが,3割に引き下げられた時期もあり,それぞれの利息を大利,小利とも称した。債務者が返済期限前に死亡した場合は負債は免除された。…

※「小利」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小利の関連キーワード寸を詘げて尺を信ぶ寸を詘げて尺を伸ぶ尺を枉げて尋を直ぶ飴をしゃぶらせる近火で手をあぶる近火で手を焙る陸別(町)北京的西瓜資本コスト才弾けるあざとい賢しい陸別町小利口楠分限才弾け小才覚郭様

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小利の関連情報