コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下愚 カグ

デジタル大辞泉の解説

か‐ぐ【下愚】

《「論語」陽貨から》はなはだかであること。また、その人。至愚。⇔上知
「この人は―の性移るべからず」〈徒然・八五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かぐ【下愚】

〔論語 陽貨
大層愚かなこと。また、その人。至愚。 「世俗の事に携りて生涯を暮すは、-の人なり/徒然 151」 → 上知と下愚とは移らず

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

下愚の関連キーワード上知・上智性三品説

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下愚の関連情報