小原 敬士(読み)オハラ ケイジ

20世紀日本人名事典の解説

小原 敬士
オハラ ケイジ

昭和期の経済学者 元・関東学院大学教授;元・一橋大学教授。



生年
明治36(1903)年4月27日

没年
昭和47(1972)年3月26日

出身地
静岡県

学歴〔年〕
東京商科大学(現・一橋大学)本科卒

経歴
昭和7年頃“唯研”に参加。11年頃歴史学研究会に参加。15年“唯研事件”で検挙される。この間、市立横浜商業専門学校教授を務める。戦後は24〜42年一橋大学教授、退官後、関東学院大学教授。著書に「社会地理学の基礎問題」「ヴェブレン」「資本主義入門」「ガルブレイスの経済思想」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android