コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小原(おばら)和紙

デジタル大辞泉プラスの解説

小原(おばら)和紙

愛知県豊田市で生産される和紙。原料コウゾなど。製造起源室町時代に遡るとされる。かつては番傘用紙の「三河森下紙」を筆頭に、障子紙、装丁紙などの製造が盛んだったが、現在は美術工芸和紙としての利用が主で、「小原工芸紙」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の小原(おばら)和紙の言及

【小原[村]】より

…かつては養蚕や林業が盛んであったが,近年農家の兼業化が進み,豊田市などへの通勤者が増えている。近世以来の伝統をもつ和紙が生産され,小原和紙として知られる。また陶器の原料になる長石や粘土を産し,瀬戸市,多治見市などへ出荷されている。…

※「小原(おばら)和紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小原(おばら)和紙の関連キーワード愛知県豊田市小原〈村〉小原[村]山内一生

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android