コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障子紙 しょうじがみ

5件 の用語解説(障子紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

障子紙
しょうじがみ

障子の地紙。強靭で光線の透過がよく,多孔質で空気の流通が良好なうえに変色しにくいことが必要である。原料はコウゾ化学パルプなどであるが,最近は化学繊維を主原料としたものが多量に生産されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

障子紙【しょうじがみ】

障子をはるのに使う紙。強靭(きょうじん)で,光や空気をよく通し,変色しないことが要求される。昔はコウゾを原料とした手すき和紙を使用し,美濃の直紙(なおしがみ)が最高とされ,書院紙と別称された(美濃紙)。
→関連項目和紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうじがみ【障子紙】

明(あかり)障子にはる紙。障子紙の特徴としては,外光を柔らかく室内全体に拡散すること,騒音をさえぎること,外の空気の湿度や温度を適度に和らげて室内に入れること,紙の美しさ,などがあげられる。日光に透かして鑑賞されるため,原料の繊維が整然とそろっている紙が好まれる。そのためには,繊維の並ぶ方向を天地方向のみでなく左右にも均等に向けさせる,すぐれた紙すきの操作が必要となった。江戸時代に障子紙として最高と考えられたのは,美濃の直紙(なおしがみ)で,別に書院紙という名称も生まれ,紋書院のように透しの装飾をした障子紙もすかれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうじがみ【障子紙】

明かり障子に貼る紙。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の障子紙の言及

【美濃紙】より

…すなわち蕨生(わらび)を中心として,上野(かみの),片知(かたち),乙狩(おとがり),御手洗(みたらい),谷戸(やど)などで漉かれている。江戸時代の美濃紙を代表する紙は直紙(なおがみ∥じきし)で,障子紙としては最上級と評価された。障子紙は日光に透かして鑑賞されるため,繊維がむらなく整然と美しく漉き上げられていなければならない。…

※「障子紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

障子紙の関連情報