障子紙(読み)しょうじがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「障子紙」の解説

障子紙
しょうじがみ

障子の地。強靭で光線透過がよく,多孔質で空気の流通が良好なうえに変色しにくいことが必要である。原料コウゾ化学パルプなどであるが,最近は化学繊維を主原料としたものが多量に生産されている。継ぎ目なしの一枚張りの生産もみられるが,幅,長さは各地の慣習上,障子の形が異なるので,半紙判のほかに美濃判,尺判,出雲判,鹿児島判などの幅寸法の異なるもの,および本間判,狭間判など長さの異なるものなど多種多様である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「障子紙」の解説

しょうじ‐がみ〔シヤウジ‐〕【障子紙】

障子を張るのに用いる紙。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「障子紙」の解説

障子紙【しょうじがみ】

障子をはるのに使う紙。強靭(きょうじん)で,光や空気をよく通し,変色しないことが要求される。昔はコウゾを原料とした手すき和紙を使用し,美濃の直紙(なおしがみ)が最高とされ,書院紙と別称された(美濃紙)。近年はコウゾ,化学パルプを原料とした機械ずきのものが常用され,合成繊維を主原料としたものも普及,継目のない一枚ばりのものも出ている。高知県,島根県,岐阜県をはじめ各地で生産。
→関連項目和紙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「障子紙」の解説

しょうじ‐がみ シャウジ‥【障子紙】

〘名〙 障子を張るのに用いる紙。主に、美濃紙をつぎ合わせて巻いたものを使った。
※大乗院寺社雑事記‐長祿二年(1458)一二月一九日「障子紙如注文下行、厚紙百四十枚(公文所)」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「障子紙」の解説

しょうじがみ【障子紙】

明(あかり)障子にはる紙。障子紙の特徴としては,外光を柔らかく室内全体に拡散すること,騒音をさえぎること,外の空気の湿度温度を適度に和らげて室内に入れること,紙の美しさ,などがあげられる。日光に透かして鑑賞されるため,原料の繊維が整然とそろっている紙が好まれる。そのためには,繊維の並ぶ方向を天地方向のみでなく左右にも均等に向けさせる,すぐれた紙すきの操作が必要となった。江戸時代に障子紙として最高と考えられたのは,美濃の直紙(なおしがみ)で,別に書院紙という名称も生まれ,紋書院のように透しの装飾をした障子紙もすかれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の障子紙の言及

【美濃紙】より

…すなわち蕨生(わらび)を中心として,上野(かみの),片知(かたち),乙狩(おとがり),御手洗(みたらい),谷戸(やど)などで漉かれている。江戸時代の美濃紙を代表する紙は直紙(なおがみ∥じきし)で,障子紙としては最上級と評価された。障子紙は日光に透かして鑑賞されるため,繊維がむらなく整然と美しく漉き上げられていなければならない。…

※「障子紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android