コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小寺雲洞 こでら うんとう

2件 の用語解説(小寺雲洞の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小寺雲洞

日本画家。愛知県生。尾張藩士竹洲の子。名は鈴彦。初め奥村石蘭の門に入って四条派を修め、のち京都に出て竹内栖鳳に師事する。また与謝蕪村・谷文晁・沈南蘋を学ぶ。鷄を得意とし、肖像が巧みである。名古屋画壇の重鎮として活躍した。東海美術協会理事長。昭和5年(1930)歿、59才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小寺雲洞 こでら-うんとう

1872*-1930 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治4年12月28日生まれ。奥村石蘭に四条派をまなび,のち京都の竹内栖鳳(せいほう)に師事。明治30年第2回絵画共進会に入選。鶏と肖像画を得意とした。東海美術協会理事長をつとめる。昭和5年1月13日死去。60歳。愛知県出身。本名は鈴彦。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小寺雲洞の関連キーワード木南正宣古賀愛子佐伯芳馬佐々木文一竹内類治築田多吉角田竹涼藤堂高成豊島直通二条正麿

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone