小寺雲洞(読み)こでら うんとう

美術人名辞典の解説

小寺雲洞

日本画家。愛知県生。尾張藩士竹洲の子。名は鈴彦。初め奥村石蘭の門に入って四条派を修め、のち京都に出て竹内栖鳳に師事する。また与謝蕪村・谷文晁沈南蘋を学ぶ。鷄を得意とし、肖像が巧みである。名古屋画壇の重鎮として活躍した。東海美術協会理事長。昭和5年(1930)歿、59才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小寺雲洞 こでら-うんとう

1872*-1930 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治4年12月28日生まれ。奥村石蘭に四条派をまなび,のち京都の竹内栖鳳(せいほう)に師事。明治30年第2回絵画共進会に入選。鶏と肖像画を得意とした。東海美術協会理事長をつとめる。昭和5年1月13日死去。60歳。愛知県出身。本名は鈴彦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android