コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山善 こやま ぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山善 こやま-ぜん

1860-1933 明治-昭和時代前期の医師。
万延元年8月生まれ。伊藤博文主治医,李王(りおう)世子付典医長をつとめ,宮内省侍医寮御用掛となる。昭和8年5月6日死去。74歳。越後(えちご)(新潟県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山善の関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小山善の関連情報