小山帰・小山鴘(読み)こやまがえり

精選版 日本国語大辞典「小山帰・小山鴘」の解説

こやま‐がえり ‥がへり【小山帰・小山鴘】

〘名〙 前年に生まれた若鷹が翌春になっても羽毛がまだ完全に抜け変わらないこと。また、その若鷹。《季・春》
※定家鷹三百首(1539)春「足引のこ山かへりのあら鷹をもきたてぬれば春ぞくれぬる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android