コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小早船 コバヤブネ

デジタル大辞泉の解説

こばや‐ぶね【小早船】

江戸時代、小型の関船。また、40挺立て以下の小型で快速廻船

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こばやぶね【小早船】

近世の軍船の一形式。早船の小型のもの。関船式の総矢倉はなく、半垣はんかき作り、または欄干作りで艪は四〇挺以下のもの。物見・先手の戦船、あるいは飛脚船に用いた。小関こぜき。小早。 → 関船
近世、二百石から四百石積み程度の小型で、早廻りの廻船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小早船の関連キーワード貴船神社の船祭り貴船祭[真鶴]村上水軍博物館江戸時代近世小早早船

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android