コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小早 こはや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小早
こはや

江戸時代の船舶の一つ。櫓 (やぐら) はなく艪 (ろ) 40丁以下の船で,速力があるところから小早と呼ばれた。摂津伝法村の廻船業者が,酒を大坂から江戸に運ぶのに用いたが,船足の早いところから物見船,飛脚船としても用いられた。 (→廻船 , 樽廻船 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐ばや【小早】

[名]小早船」の略。
[形動][文][ナリ]時間的に少し早めであるさま。また、少し急ぐさま。「小早に出かける」「小早な足どりで歩く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こばや【小早】

( 名 )
小早船 」に同じ。
( 形動 ) [文] ナリ 
すこし早いさま。こいそぎ。 「 -に歩いていく」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小早の言及

【水運】より

…ついで27年(寛永4)大坂に菱垣廻船問屋が開業し,菱垣廻船の仕立てを行い,御城米と一般商人荷物の江戸向輸送にあたらせるようになった。菱垣廻船は菱垣廻船問屋の手船や紀州・大坂周辺などの雇船であったが,正保期(1644‐48)になると伝法船が酒荷を積みはじめ,船足が速いので小早と称された。これがのちの樽廻船のはじまりである。…

【関船】より

…第3期は江戸時代であり,泰平の世となるや幕命により即刻没収焼却された主力艦安宅船(あたけぷね)とは異なり,依然保有を許された巡洋艦関船は,惣漆(そううるし),金泥(きんでい),金金具(きんかなぐ)などで美々しく装われ,将軍,大名の海上巡幸や参勤交代時の専用御召船,すなわち〈御座船(ござぶね)〉へと,華麗なる変身を遂げる。なお,関船は早船(はやふね)(小型のものは小早(こばや))とも呼ばれる。【小佐田 哲男】。…

※「小早」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小早の関連キーワード貴船神社の船祭り貴船祭[真鶴]初代継我庵市丸小早川家文書関ヶ原の戦い塗り船・塗船小早川 泰士本郷[町]小早川式部小早川則平金吾中納言小早川秀秋新高山城跡小早川茂平小早川隆景三原城跡豊[町]土肥遠平幸 宣佳進藤氏盛

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小早の関連情報