コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松彦三郎 こまつ ひこさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松彦三郎 こまつ-ひこさぶろう

1935- 昭和後期-平成時代の数学者。
昭和10年9月5日生まれ。昭和51年東大教授となる。のち東京理大教授。佐藤幹夫の超関数理論を応用・発展させ,45年佐藤とともに朝日賞。日本数学会理事長。大阪出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小松彦三郎の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android