佐藤幹夫(読み)さとう みきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤幹夫 さとう-みきお

1928- 昭和後期-平成時代の数学者。
昭和3年4月18日生まれ。昭和33年東京教育大大学院在学中に「超関数理論」を発表。38年阪大教授,43年東大教授,45年京大数理解析研究所教授となり,62年同所長。超関数の理論およびその応用で,51年学士院賞。59年文化功労者。平成14-15年のウルフ賞。東京出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐藤幹夫の関連情報