小林 剛(読み)コバヤシ タケシ

20世紀日本人名事典の解説

小林 剛
コバヤシ タケシ

昭和期の美術史学者 奈良国立文化財研究所所長。



生年
明治36(1903)年10月1日

没年
昭和44(1969)年5月26日

出生地
茨城県水戸市

学歴〔年〕
東京帝大文学部美学美術史学科〔昭和4年〕卒

学位〔年〕
文学博士(法政大学)〔昭和28年〕

経歴
東京帝室博物館、奈良帝室博物館、帝室博物館鑑査官、文化財保護委員会美術工芸課などを経て、昭和27年奈良国立文化財研究所美術工芸研究室長、36年所長。のち奈良国立博物館評議員、文化財保存審議会専門委員なども務め、日本彫刻史関係の業績を残した。著書に「仏師運慶の研究」「巧匠安阿弥陀仏快慶」「宝山湛海伝記史料集成」「日本彫刻作家研究」「西大寺叡尊伝記集成」「俊乗房重源史料集成」「俊乗房重源の研究」「日本彫刻研究」「肖像彫刻」「日本美術史年表」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小林 剛の関連情報