小泉癸巳男(読み)こいずみ きしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「小泉癸巳男」の解説

小泉癸巳男 こいずみ-きしお

1893-1945 大正-昭和時代前期の版画家。
明治26年6月生まれ。戸張孤雁(とばり-こがん),織田一磨(おだ-かずま)らに師事。ついで堀越貫一に木版彫刻をならい,大正7年日本創作版画協会の創立に参加した。ライフワークに木版画集「昭和東京百図絵」がある。昭和20年12月死去。53歳。静岡県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android