小田仁二郎(読み)おだ じんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田仁二郎 おだ-じんじろう

1910-1979 昭和時代後期の小説家。
明治43年12月8日生まれ。一時都新聞社に勤務。昭和23年感覚の世界を前衛的に描写した「触手」で注目される。27年「昆虫系」,28年「からかさ神」が芥川賞候補。のち瀬戸内晴美(瀬戸内寂聴)らと同人誌「Z」を創刊。作品はほかに「流戒十郎うき世草紙」「背中と腹」など。昭和54年5月21日死去。68歳。山形県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android