同人誌(読み)どうじんし

図書館情報学用語辞典の解説

志を同じくする同好の人々が自らの作品の発表の場や情報交換の場とするために執筆,編集,刊行する逐次刊行物リトルマガジンと対比されることがあるが,日本固有の形態の雑誌と考えられる.同人誌の始まりを『明六雑誌』(1874-1875)とし,最初の文芸同人誌を『我楽多文庫』(1885-1889)とするのが一般的である.小説俳句短歌など文芸を中心とした同人誌は,大正末から昭和初期に最盛期を迎え,第二次大戦後にも文学賞との関連で数多く刊行されていた.現在は,コミックやゲームを題材とする同人誌が全盛である.流通範囲が会員組織内に限定されるものが多く,書誌コントロールの対象になりにくい.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同人誌の関連情報