コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同人誌 ドウジンシ

3件 の用語解説(同人誌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どうじん‐し【同人誌】

同人雑誌」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どうじんし【同人誌】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

同人誌

志を同じくする同好の人々が自らの作品の発表の場や情報交換の場とするために執筆,編集,刊行する逐次刊行物.リトルマガジンと対比されることがあるが,日本固有の形態の雑誌と考えられる.同人誌の始まりを『明六雑誌』(1874-1875)とし,最初の文芸同人誌を『我楽多文庫』(1885-1889)とするのが一般的である.小説,俳句,短歌など文芸を中心とした同人誌は,大正末から昭和初期に最盛期を迎え,第二次大戦後にも文学賞との関連で数多く刊行されていた.現在は,コミックゲームを題材とする同人誌が全盛である.流通範囲が会員組織内に限定されるものが多く,書誌コントロールの対象になりにくい.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同人誌の関連キーワード奇蹟瀬戸内晴美同人雑誌文芸時代助語同人復刊舟木重雄田畑麦彦婦人雑誌

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

同人誌の関連情報