小田原 大造(読み)オダワラ ダイゾウ

20世紀日本人名事典の解説

小田原 大造
オダワラ ダイゾウ

昭和期の実業家 元・久保田鉄工所社長。



生年
明治25(1892)年11月10日

没年
昭和46(1971)年4月8日

出生地
広島県御調郡向島町

学歴〔年〕
尾道商業学校卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和34年〕

経歴
22歳の時、文部省検定試験に合格、中学校教師を数年務め、大正5年尼崎の関西鉄工に入社。翌6年、久保田鉄工に買収、創業者久保田権四郎に抜擢され、13年常務取締役、20年に専務、25年社長に就任。同年、大阪商工会議所副会頭、35年会頭。41年に会頭辞任、42年に久保田鉄工会長、45年相談役。この間、34年に藍綬褒章受章。日本商工会議所副会頭、経団連副会長、日本万国博協会常任理事として活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

小田原 大造 (おだわら だいぞう)

生年月日:1892年11月10日
昭和時代の実業家。久保田鉄工所社長
1971年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android