コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小町蜘蛛 コマチグモ

デジタル大辞泉の解説

こまち‐ぐも【小町蜘蛛】

フクログモ科コマチグモ属のクモの総称。体長6~14ミリで、薄黄色。雌はススキや笹の葉を巻いて産室を作り、その中で孵化(ふか)した子グモに自分の体を食べさせる。カバキコマチグモは毒性が強い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こまちぐも【小町蜘蛛】

真正クモ目フクログモ科コマチグモ属のクモの総称。体長8~14センチメートル。普通、淡黄色ないし黄褐色。木や草の葉を巻いて巣を作る。カバキコマチグモは、日本産のクモのうちで最も毒性が強い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小町蜘蛛 (コマチグモ)

動物。フクログモ科コマチグモ属のクモの総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

小町蜘蛛の関連キーワード黄褐色動物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android