コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野寺圧点 おのでらあってんOnodera Druckpunkt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野寺圧点
おのでらあってん
Onodera Druckpunkt

小野寺圧痛点ともいう。消化器病の圧診断法の一つ。患者を横臥させ脚を屈曲させて,腸骨稜から約3~4cm離れた個所を腸骨面に垂直に強く圧迫して圧痛の有無を検査する方法。内科医小野寺直助の発見による。胃潰瘍,胃癌,胃炎,胃下垂などで多く認められ,胃潰瘍では左,十二指腸潰瘍では右に生じやすいといわれるが,この検査でこれらを鑑別することはできない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

小野寺圧点の関連キーワード小野寺圧痛点

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android