コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野寺直助 おのでらなおすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野寺直助
おのでらなおすけ

[生]1883.5.31. 岩手
[没]1968.11.3. 福岡
内科学者。 1908年京都帝国大学福岡医科大学 (九州大学医学部の前身) を卒業。 16年母校の教授となる。消化器病学の権威で小野寺圧点などを発見,圧診断法を開発した。 58年日本学士院会員。 63年文化功労者。主著『圧診法』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野寺直助 おのでら-なおすけ

1883-1968 明治-昭和時代の内科学者。
明治16年5月31日生まれ。大正5年九州帝大教授となり,同大付属病院長,医学部長などをつとめた。昭和22年久留米医大学長。消化器疾患の診断に小野寺式圧診法を考案した。38年文化功労者。昭和43年11月3日死去。85歳。岩手県出身。京都帝大福岡医大(現九大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小野寺直助の関連キーワード昭和時代明治前身

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android